限度額を上げることによる利点と欠点

便利そうだけど実際は?カードローンを増額するメリットとデメリット

カードローンの限度額を増額すれば、色々な面デメリットが出来てますが、同時に、デメリットや注意すべきことも増えてきます。ここでは、カードローンの増額をするメリットとデメリットについて考えていきます。

カードローンの増額によるメリットは、なんといっても、一箇所から多く借りられることによる管理のしやすさでしょう。限度額が低い状態で多くの資金を調達しようとすると、必然的に複数の金融機関を利用せざるを得なくなります。そうなれば、当然、返済管理は煩雑になりますし、多重債務にもなりかねません。ですが、一箇所の借入限度額がある程度高ければ、そこだけを利用して価格の資金調達ができるようになるので、多重債務になる心配がありません。加えて、返済日そのものを減らすことができるので、資金の工面の面からも効率がいいと言えます。限度額を上げるためには、金融機関から信用を得ることが必須です。具体的には、返済をしっかりと行うことで、信頼がおける優良利用者と判断してもらえます。カードを申し込んでから最低でも半年間は、少額でもいいのでこまめに利用して、期日を守って返済を繰り返し信頼を勝ち取りましょう。その後、限度額の増額を申請すれば、原則的に少しずつ限度額を上げることができます。

ですが、これにはデメリットもあります。といっても、制度的に不利益を被るようなデメリットではなく、本人の意思決定過程に影響を与えるようなデメリットです。限度額が上がれば、当然一度に借りられる金額は増えていきます。ですが、増えたからといって、その金額を借りなければいけないということもなく、限度額が下がってしまうということもありません。返済能力以上の金額を借りるのは危険です。返せなくなるリスクだけでなく、一度でも返済が遅れると、次の限度額を上げてもらうことは当分できなくなってしまいます。限度額を上げることは結構ですが、身の丈に合わないほどの借り入れをしないようにしましょう。