カードローン審査

カードローンに対する偏見と現実

お金に困る経験って誰にでも一度はあると思います。日々の生活にかかるお金も馬鹿になりませんよね。私自身もいつも金欠で結構苦しい思いをしていました。そんな時に急な出費が重なってしまい手の打ち様が無くなったことがあります。そして悩んだ挙句カードローンでお金を借りることにしました。

それまでお金を借りたことはおろか、クレジットカードすら持っていなかった私にとって、会社からお金を借りるということに暗いイメージがあり、かなり抵抗がありました。

ただ結局その時はお金を借りることで難を逃れることができました。どうして今まで利用しなかったんだろう、と後悔すら感じます。

実際にお金を借りてみて思ったことは私の持っていた暗いイメージはかなり誤解のあるものでした。お金を借りて、借りた分をきちんと返済する。たったこれだけのことです。

毎月いくらまで返済に回すことができるかを考えれば、借りることのできる金額も簡単に計算でき、借りすぎてしまって苦しい!なんて思いをすることもありません。

そして私達の思う「恐ろしい金融会社」というイメージは、ヤミ金のような違法業者によるものです。こういった業者は確かに存在していますが、大手企業により運営されているカードローン会社を選べばそんな怖い目に遭うこともありません。

そして大手だからといって審査が厳しいということもないので、安心して借りられる大手企業の方がいいに決まってます。そもそも大手企業の運営は三菱UFJ銀行や三井住友銀行のような大手銀行によって行なわれています。つまり潤沢な資金源があるということです。

このことから大手は金利の安いサービスを行なっている場合が多いので、お金に困っている人はこういった大手銀行系企業に運営されているカードローン会社を選ぶいいですよ。

安心・安全な会社はこの3社だけ!


審査に通るために最低限気をつけるべきこと

カードローンをしたいと思っている方にとって審査は悩みのタネになりがちです。実際に審査に通ることができなかった経験がある人には尚更いいイメージはありませんよね。ただお金を借りるには絶対に通らなければならない道ですし、上手く通過する方法が知りたいところです。

そもそも審査ではお金をあなたに貸しても大丈夫かどうかを調べています。つまり信用できる人かどうかをネットの申込み内容だけで判断しているわけです。そしてこの審査ではあなたの金融取引の履歴、あなたの年齢や年収、住居形態、そしてそれらにウソがないかの事実確認が行なわれます。

金融取引の履歴を見るためにローン審査はそれぞれの加盟している信用情報機関に問い合わせます。ここで過去に返済が遅れたり踏み倒したことがないかを調べるわけです。

次の年齢や年収、住居形態を調べる理由は、カードローン会社の持つ独自のデータと照らし合わせ、過去に返済が遅れたり踏み倒す人になりやすい人かどうかを統計的に判断するためです。これは属性モデルといわれるもので、審査が不安に思われる一番の理由です。

そして最後にそれらを電話などで確認して契約となります。これらに対して対策をとっていくわけですが、信用情報機関への問い合わせしても属性モデルの審査についても今すぐどうこうできるものではありません。

審査に通りたいあなたにできる一番の対策は最後の事実確認を重視することです。上にも書きましたが審査はネットの申込みだけで判断されます。つまりもしその情報に誤りやウソがあっては通る審査にも落ちてしまいます。

特にカードローン会社はウソを嫌う傾向があります。例えば電話番号を間違えてしまい本人確認が取れなかったとすると、間違えたあなたに故意がなかったとしても「何かやましい理由があるから電話番号を正しく書かなかったのかな…」と思われてしまいます。

今はネットから簡単に申込みができてしまうので、本当に楽になりました。ただ、何度も言っていますが、電話番号や住所や名前などを間違えて入力していないかだけチェックしてください。

↓にネットから簡単に申込みができる人気の大手3社を紹介しています。一度目を目を通してみてくださいね。

損は何があってもしたくないというあなたへ


昇進祝いを出さないわけには行かず、カードローンで急遽用意をした

福井県在住 F.Kさん(37歳)

独身一人暮らしの女が仕事ばっかりしているといろんなオジサマ方から「結婚はまだなの?」と言われます。正直大きなお世話だとは思いますけど、自分でも仕方ないかなと諦め始めています。でも結婚して本当は早く主婦になりたいっていう意識はあるんですけどね…

さてそんな一人身の私は仕事で稼いだお金は結構ぎりぎりです。ぎりぎりの生活をしているので、ボーナスなどはありがたいんですけども、急な出費の時は大変です。1万円くらいの出費があると、本当に悩んでしまいます。「出すべきか出さざるべきか…」とかなり悩みますが、出さないと行けない出費もありますよね。

それがこないだの会社の昇進祝いや異動などに伴う、プレゼントや飲み会などで使ったお金でした。正直全て合わせたら1万円をゆうに超えていたのです。これでは私の生活は破綻する…けれども支払わないという方法はない…と考えた結果、結局カードローンの審査を受けに行きました。

カードローンの審査なんてこの時が初めてでした。今までも危ない時はありましたが、何とかやってこれたのです。それがこの日で崩れてしまいました。まぁ元々ぎりぎりで生活していましたから、どこかでカードローンを使うときはあるだろうとは思っていましたが…まさかこんな時だとは思いもよりませんでした。

私は独身だって言うこともあって、こういう時にはお金を夫から借りるとかができないのは辛いですね。結婚していたらそういうお金の貸し借りもできるんでしょうけど、今の独り身の私には出来ません。やっぱりこうやって考えたら、結婚したほうがいいんだなと思います。

とりあえず今回のカードローンは審査が通ってほっとしました。そしてお金を用意してこのピンチを乗り切ることができました。ここ数ヶ月は今度返済について考えておかないと行けないですね…